鈍感な世界に生きる 敏感な人たち

躁鬱持ちのHSPが気分上げる為にやる10のコト〜元気になりたい日々〜

どうも。非HSS型HSPブロガーの山田です。

今日は、色々と考えやすい&疲れやすくて毎日がしんどいと感じる山田がリフレッシュしたり気分上げる為に実践している事を紹介していきたいと思います。

嗅覚・聴覚・視覚といった情報を得る器官には違いがあるので、全てが全てに効果があるとは言い切れないのであくまで参考程度に。

山田は、鼻から感じる匂いに関しては『不快だ』と思う部分は少ないです。が、耳と目に関しては明るさや大きさなど『しんどい』と思う要素があります。

鼻は塞いだとしても、生活に支障をきたすことはありません。ですが、目と耳を塞ぐのはかなり生活に悪影響や不便・支障が出てきてしまうわけで…。

気質のせいで暮らしにくいのに、更に暮らしにくい生きにくいを重ねたくないのもこれまた事実。

人から見ればワガママと思える事を言っちゃってんなーとは思うんですけど、言わずにはやってられない!

『本当に!この気質しんどい!』

さ、というわけで『山田流気分ぶち上げてこーぜリラックス法』の10個を紹介していきまーす。

目次

リラックスするための10個を話す前に…

今回の『山田流気分ぶち上げてこーぜリラックス法』を紹介する前に、1つお伝えしておきたい事があります。

それは…

『お金かかります』

ということ。

あ、もちろんタダで出来る内容もあります。なので、もし取り入れてみようと思って貰えた場合はお金がかからない物から試していってください。

紹介する前に言っておきたいのは以上です。

それでは本題に入りましょー。

その①散歩

お日様に当たるのって大事なんですよね!ブロガーになる前もなってからも、家の中にいる事が多すぎてジメジメとナメクジよりも日陰にいた山田です。

お日様に当たらないと、体内時計も狂ってしまうようで寝る起きるに不便が生じちゃうんです。

狂った体内時計を戻す為にも、夜寝る為にも10分でも良いのでプラプラ〜っと歩くのがオススメ。

秋以降は歩きやすい気候が続くので、目的など特定のゴールを決めずにお昼から夕方頃歩くのが山田的には好き。

働いていない時は、『こんな時間に歩いてるとみんなからニートって思われちゃうんじゃないか…』ってネガティブに考えてました。

『世の中の社会人全員が土日休みじゃないよ』と友人に言われてからは、気にせずプラプラ〜っとする様になれました。

気にしすぎるって本当に厄介。笑

その②筋トレ

外に出ない、運動しない、立つ時間が少ないと、まぁ宜しくない生活をする山田です。

『コレじゃ体がポチャポチャのおデブちゃんになっちゃうな。』

とか、

『体が弱くなるから心も弱くなるのか?』

という謎理論の元、筋トレすることにしました。筋トレといっても腹筋ローラーをコロコロするだけなんですけどね笑

腹筋ローラーコロコロするのと、日中のお散歩が今のところ山田の運動時間になってます。

身体にちょびっとした変化が出てくると、割と嬉しい物で嫌な事とか考える時間が減るのでやって良かったなと。これからもチビチビ頑張ろうと思っているところです。

その③入浴

子供の頃は、お風呂に浸かるという時間を当たり前の様に設けていたというか…。お母さんに『入れ!』って怒られ続けていたからか習慣としては存在してたんです。

まあ、大人になると不思議な物でその習慣は一瞬で無くなってシャワー浴だけになっちゃったんですよね〜

芯から温まるのって、夏はしんどいかも知れないんですけど割と大事なんだなぁ〜…。ってポカポカしながら思いました。

温まることで身体がリラックスして、そのまま眠りにつくことが出来る日もあれば無い日もあります。

が、1日の中に区切りを付けるという意味合いでもなるべく入るようにしてます。

あ、入浴剤入れるのオススメします!特に柚子!冬場は柚の入浴剤一択です。

山田わね?

その④漢方

漢方は、人によって飲む事が出来ない場合もあるのであんまりオススメはしません。

でも、薬を飲み続けるという事に恐怖があったので身体の内側から整えてみるをしてみたかったんです。

薬に対して、『身体が慣れてしまったら…』とか『飲む量が増えてしまったら…』とあまり良い印象が持てないタイプなんです。

なので、山田は即効性よりも継続して変化を少しずつ現れてくれるであろう漢方をチョイス。

粉薬とか苦味が不得意では無いので、飲むことに苦労は無くチビチビっと身体に良い変化があったので『漢方最高〜!』って思ってます。

ただ、病院に通うのが面倒くさい。

そろそろネットショッピングに頼ろうかな…。効果は人それぞれなので、病院に行くのが1番良いと思います。

その⑤アイマスク

コレは寝る時に超!オススメ!

毎日使うと出費が半端ないので、どうしても寝れない日とか目疲れすぎて『目がぁぁぁぁあ!』って時に装着して布団に入ります。

目元が温められると、そこだけに神経が集中するんですかね?怖い事とか嫌な事考えずに寝ていけるんですよね。

身体って不思議がいっぱい。

起きてる時よりは、これから寝るぞ!って時に付けるのが好き。

起きた時に目の前が白いと『なにごとっ⁈』ってなるのが、ビビりの山田の心臓には悪い。

これもオススメは柚!

温まる時はだいたい柚が好き!匂いがいい!リラックス万歳!って感じ。

その⑥カラーレンズ入り眼鏡

山田は光も苦手で、特に白色灯や車のLEDライトが辛いです。最近は街も明るければ、車も明るい所が増えましたよね。昔は意味あるのか無いのかよく分からない街灯ばっかりの地域とかもあったなぁ…なんて。

昔は気にならなかった光が、技術の発達のせいで?おかけで?苦手な物に変わっちゃいました。

そこで、何かしら方法は無いかな〜と思った所カラーレンズ入りの眼鏡もいう結論に達した訳です。

見えている明るさを少し落としたり色味を変えたりする事で効果があったのが救いです。

濃い目の色を入れて、視線視点を人と合わせ無いようにするのも良いのかな〜なんて。

カラーレンズの眼鏡がかなり重宝してるので、色んな色を作ろうかと検討してます。

その⑦マスク

匂いを塞ぐのに1番手っ取り早いのがコレですよね!特に、香水や臭いのキツイご飯が苦手です。

不織布マスク最高〜!って感じで手放せません。

その⑧漫画

感情移入をしやすいので、小説よりも絵があって動きのある漫画を読むことで意識をぐーーーーっと漫画に集中させます。

少年漫画や少女漫画というよりは、エッセイ系がオススメです。

泣ける系のやつだと、泣く事でスッキリすることもあるのでこれまたオススメです!

その⑨漫才のラジオ

これは、山田が寝れない時によく聴くんです。

時たま笑い声が入ってたりして、明るい声色で誰かぎ話している場面がありがたいんです。

不安になりやすいタイプなので、寝る前に有る事無い事考えたり【死(自分・家族・友達問わず)】について考えたり…してしまいます。

考えないという事は出来ないので、別の方向へ意識を持っていける様に漫才のラジオ形式の動画を流すようにしています。

その⑩田舎へGO!!

元々田舎生まれという事もあってか、美味しい空気を吸ったり触れたりする事で心がリフレッシュされるんです。

やっぱり美味しい空気はいいですよね。袋にたくさん詰めて持って帰りたくなります。

これも秋頃とか春前が冷たくて気持ちよく感じられます。近場でも良いので、ふら〜っと出掛けてみると心穏やかな時間が過ごせるのでオススメ◎

出来れば緑が多いとこに行ってほしい!

《まとめ》『山田流気分ぶち上げてこーぜリラックス法』

今回の『山田流気分ぶち上げてこーぜリラックス法』をまとめると、こんな感じになるかと。

  • その①〜④:全身
  • その⑤〜⑧:目
  • その⑨:耳
  • その⑩:鼻

に効いているかなと山田的には思うんですよね。

あくまでも山田個人のリフレッシュ・リラックス方法なので、全てが合うわけでは無いと思います。

自分にあった方法を見つけるキッカケになれたら良いなと思って、今回は紹介してみました!

最後まで読んでくれて感謝。またね!

目次